トヨタ博物館

一度行ってみたかった、トヨタ博物館にようやく行くことができました。
名古屋からなら地下鉄とリニモを乗り継ぎ、40分〜50分というところでしたでしょうか。

トヨタ車に限らず、エポックメイキングでヒストリックな色とりどりの車を揃えていて、大変見ごたえがありました。
しかし車種の幅広さと小松市の自動車博物館には劣りますね。
あれは狂気とも……。

ちょっとしたところが本当におしゃれ。
ろうそくを灯したのは対向車や歩行者に知らせるためでしょうか。
流石に前方を照らすのは不可能でしょう。

ハイカラな和装をしてこんな車に乗ってみたい!
気分は明治時代、大正時代!

内装もまたかっこいいんですよね……。
計器がいっぱい……。
革張り、絨毯……。

この手のふるーい車はいっぱい見てきたつもりだったんですが、今回新たな発見が。
サイドミラー、そこが定位置なの……?

コメント